2016年04月12日

抗PD―1抗体「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)

こんな記事がありました。

 「がん研究、治療を変える革命的なクスリだ」。慶応義塾大学先端医科学研究所所長の河上裕教授は9月から日本で発売が始まった小野薬品工業の抗PD―1抗体「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)をそう評価する。
世界的な革命技術として、米科学誌サイエンスの2013年の「ブレークスルー・オブ・ザ・イヤー」のトップを飾った。今や米メルク、スイスのロシュなど世界の製薬大手がこぞってこの仕組みを使った免疫薬の開発を加速させている。

女子高生時代の友人がガンになったので、ぜひとも服用させ、早く治ってほしいものです。

はつ花 古田ゆかり
http://hatuhana.jp/

抗PD―1抗体「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)



同じカテゴリー(医療)の記事
30分で感染判定
30分で感染判定(2020-06-25 17:17)

レムデシビル
レムデシビル(2020-04-20 15:43)

未来の絆創膏
未来の絆創膏(2018-12-31 11:10)


Any comments are welcome. Your comments are displayed after permission.
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。