2015年10月06日

PARP14タンパク質を抑制するものは?

Nature communicationsにがん細胞が「PARP14」というタンパク質の過剰生成を刺激すると、がん細胞がグルコースを使って自らを増殖できる状態が生まれ、細胞死の正常なチェック機能が働かなくなるという研究結果が報告された。

PARP14タンパク質を抑制するものが見つかれば、がん細胞を餓死させることができる。そんな薬を早く作ってほしいものです。

博多趣味 はつ花
福岡市博多区神屋町2-26

はつ花では、ニュースになった冷凍餃子などのような外国加工食品を使わない、安心・安全なお弁当を提供しております。

山笠(1200-1752円)、写真は錦糸山笠(1400円)







同じカテゴリー(医療)の記事
30分で感染判定
30分で感染判定(2020-06-25 17:17)

レムデシビル
レムデシビル(2020-04-20 15:43)


Any comments are welcome. Your comments are displayed after permission.
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

過去記事
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
< 2020年09月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
QRコード
QRCODE