2019年12月23日

烏賊は透きとおっているうちに食べなさい

「烏賊は透きとおっているうちに食べなさい。」と言われ、驚いた。とは、夫が、博多で初めて活き烏賊をごちそうになった時のエピソードです。
関東出身の夫は、それまで、すでに白くなった烏賊しか食したことがないと言います。そして、夫の東京の友人たちは皆、「え、透きとおっている烏賊っているの?」と、この話に愕然としてくれます。
烏賊にはいろいろな種類があって、それぞれ旬が違うので、一年中、「旬の烏賊」を手に入れることができます。
初夏から夏にかけては、烏賊の王様、アオリイカの旬です。そこで今回と次回は、我が家のアオリイカの食べ方をご紹介します。
生簀のない家庭では、透明な烏賊刺身は無理とあきらめて、買って来た烏賊を私はそのまま、魚屋さんのラップのまま、一旦冷凍庫にしまいます。半解凍の烏賊は、下処理が驚くほど楽になるからです。するすると皮がむけ、墨袋や肝も壊さずに取り出せます。
下処理が出来たら、まずはお刺身です。
アオリイカは身が厚いので、食べやすくするために、1ミリ幅の細かい隠し包丁を入れます。次にそれを裏返して、表の隠し包丁とクロスするようにやはり1ミリ幅の隠し包丁を入れます。それを3~4センチのキューブにカットしてお皿に盛り付けるのが我が家流です。烏賊の身に縦横の細かい隠し包丁を入れることで、口の中でほどけるような食感が楽しく、甘みも増して、「烏賊ってこんなにおいしかったっけ」と思うことを保証します。
九州の甘い醤油と山葵でお召し上がりください。

「辛口リリーのこれ、おいしい!」は、新聞のコラムに掲載された記事をブログとしてアップしたものです。
​ ​ ​​​ ​

美食料理愛好家 はつ花 古田ゆかり

はつ花のお弁当は、防腐剤や保存料をまったく使っておりません。配送には、冷凍車を用いております。お渡し後は、早めにお召し上がりのほど、お願い申し上げます。

接待用高級お弁当の博多 はつ花 の商品はちょっと高級な、無農薬、無人工甘味料、無添加物を食材に使っています。
ランチタイム、歓送迎会のお弁当のご予約、受付中。ご予約日は翌日以降でございます。
完全予約制高級仕出し弁当専門店
弊社のお弁当は、大切な方と一緒に頂くプレゼント用のお弁当です。上棟式、法事、喜寿、米寿、白寿、敬老会、大相撲九州場所、博多座観劇、セミナー、ブランド品ご商談会などでお使い頂いております。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ





博多 はつ花
福岡市博多区神屋町2−26 ハイファイ奈良屋1F
092-262-0831

同じカテゴリー(グルメブログ)の記事
魚のオイルマリネ
魚のオイルマリネ(2019-10-08 05:14)

物件選びこそが全て
物件選びこそが全て(2019-08-20 05:05)

コールスローサラダ
コールスローサラダ(2019-08-02 11:29)

究極の春雨
究極の春雨(2019-04-24 12:15)

冷凍保冷車
冷凍保冷車(2019-03-27 04:09)


Any comments are welcome. Your comments are displayed after permission.
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。