2015年04月17日

Microsoft SQL Server 2008 R2セキュリティ更新エラー

Microsoft SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 のセキュリティ更新 エラーコード643が出る件について

重要プログラムの更新があると windows updateに出るので、更新を試みるがMicrosoft SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 のセキュリティ更新では、コード643でエラーとなる。

コード 643 のエラー



いろいろ調べてみると、コントロールパネルのプログラムと機能に、修復というのがあるらしく、そこから修復すると、うまくいったと古いOSでの記載があった。そのため、これを試みた。

コントロールパネルの「プログラムと機能」を開き、SQL Server 2008関連のところを見ると、いくつもファイルがある。
一番上のMicrosoft SQL Server 2008 R2 はアンインストールと変更しかできない。
次のMicrosoft SQL Server 2008 R2 Native Clientはアンインストール、変更と修復ができる。しかも、Microsoft SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 のセキュリティ更新の時に見たサイズに近く、大きい。

SQL Server 2008 関連ファイル



これを修復した。

じっと待っていると、複数個のインストールを完了した。再起動すると、もう、Microsoft SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 のセキュリティ更新のアラートが出ることはなくなった。




同じカテゴリー(ビジネスブログ)の記事
fishing site に注意
fishing site に注意(2020-09-18 03:11)

サクラ検出サイト
サクラ検出サイト(2020-09-13 08:33)

別府のおすすめ旅館
別府のおすすめ旅館(2020-08-15 22:38)


Any comments are welcome. Your comments are displayed after permission.
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

過去記事
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
< 2020年09月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
QRコード
QRCODE