2014年12月12日

がん早期検出ナノチップ

がん早期検出ナノチップICFO (Institute of Photonic Sciences、バルセロナ) の国際研究グループが、臨床的に発見される前に癌を検出できる可能性のある「金を混入した」ラボオンチップを開発したと報告があった。

がんの発見は、早ければ早いほど、完治の可能性は高い。
しかし、これまでは、がんが悪性腫瘍となり、それが診察等で分かってから、治療を行うこととなっていたため、発見時にはすでに転移していることが多々あった。

がんが腫瘍を形成する前に検出できれば、それが一番早い早期発見である。この考えから、ICFOの科学者たちは金のプラズモニック反応を利用して、できる限り早期段階で癌を検出するためのナノデバイスを作成した。

この微小なチップには、血中の特定の癌マーカーを引き付ける抗体マーカーであらかじめプログラムされた金のナノ粒子をベースとして作用するそうである。

金で装飾された微粒子がチップ内の微小なチャネル内に分散され、デバイスに血液試料が注入されると、流体がチャネルを循環し、抗体と相互作用する。癌マーカーが血中に存在する場合、「プラズモン共鳴」の化学反応が起こり、ナノチップ内で変化を引き起こす。
これらの変化の大きさは試料中のマーカーの存在に直接比例し、癌細胞のリスクまたは存在を正確に示すことができるらしい。

医療は着実に進んでいますね。


博多趣味 はつ花
福岡市博多区神屋町2-26
092-262-0831

博多を育てた、博多の豪商、「神屋宗湛」に由来する、神屋町にある高級折詰弁当店です。
蟹蘇芳
現在のお弁当は蟹シリーズでございます。



同じカテゴリー(医療)の記事
30分で感染判定
30分で感染判定(2020-06-25 17:17)

レムデシビル
レムデシビル(2020-04-20 15:43)


Any comments are welcome. Your comments are displayed after permission.
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

過去記事
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
< 2020年09月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
QRコード
QRCODE