2017年04月30日

心不全の新しいメカニズムを解明

一つ一つ病気が解明され、治療法が現れ、人の寿命が長くなっていきますね。

千葉大学大学院医学研究院・真鍋一郎教授、自治医科大学・永井良三学長、東京大学大学院医学系研究科・藤生克仁特任助教/科学技術振興機構(JST)さきがけ研究者、九州大学大学院理学研究院・岩見真吾准教授の研究グループは、心不全に係わる新しいメカニズムを解明しました。心不全や慢性腎臓病の新たな治療法に結びつくと期待され、実用化に向けて開発を進めています。
 この成果を報告した論文は、2017年4月10日(ロンドン時間)発行の英国学術誌Nature Medicine(ネイチャー・メディスン)オンライン版にて発表されました。

博多弁当 はつ花
古田ゆかり




  


Posted by リリー at 05:50Comments(0)医療

2017年04月26日

ロボによるフードデリバリー始まる

サンフランシスコでYelpの「Eat24」アプリを使ってフードデリバリーを頼むと、「ご注文の商品はロボットが配達しますが、よろしいでしょうか?」というテキストメッセージが送られてくることになった。

4月12日、ロボット開発を手がけるスタートアップ「Marble」社が、フードデリバリーサービス「Yelp Eat24」と提携し、人間が行っていた配達サービスの一部を、ショッピングカートほどの大きさの自動走行ロボットで置き換える予定であることを発表しました。
このロボットたちは、ミッション地区およびポトレロヒル地区のレストランから、近隣の顧客へとフードを配達することになります。
AppleやGoogleの元社員を擁するMarble社は、サンフランシコの街にフードデリバリー・ロボットを送り出す最初の企業となります。競合としては、3月にシリコンバレーでフードデリバリーを開始した小型ロボットを持つStarship Technologies社や、2月にサンフランシスコの歩道を学習しているのを目撃されたデリバリーロボットを開発するDispatch社などがあります。
人々にラーメンをより早く届けるという課題に取り組む前に、Marble社の共同創設者たちは、少し高いところを見上げていました。宇宙です。

Matt Delaney氏、Jason Calaiaro氏、Kevin Peterson氏の3人は、カーネギーメロン大学のロボット工学研究所で出会い、米国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)が主催する無人ロボット車レース「グランド・チャレンジ」に挑戦するために、自動走行宇宙ロボットの開発に共同で取り組みました。
大学を卒業した後、3人はそれぞれの道を歩みます。Calaiaro氏とPeterson氏は、NASAと、月探査用の宇宙船を設計、建造する契約を交わし、Delaney氏はAppleのエンジニアとして働きました。2015年、フードデリバリー・ロボットを開発するため、3人は再びタッグを組むことになります。
さらに、『Google+』等の立ち上げと管理に関わっていた元Google社員のHarrison Shih氏が加わります。Shih氏は現在、Marble社でプロダクトとオペレーションの責任者をしています。
Appleの元社員であったDelaney氏によると、Marble社のロボットはシリコンバレーを練り歩くStarship社のロボットとは異なるアプローチを取っているのだそうです。Marble社のロボットはセンサーを「完全装備」している、とDelaney氏は話します。
「都市は、とても騒がしい環境だ。知覚すべきものが無数にある。センサーごとに、それぞれ得意分野が異なる」と、Delaney氏は話します。Marble社のロボットは、カメラやLIDAR(レーザーで距離を測定する装置)、超音波センサーを駆使して、周りの世界を知覚します。
Dispatch社のロボットがどのような仕組みで動いているのかはわかっていませんが、Business Insiderが、3月にシリコンバレーで行われた、Starship Technologies社のロボットのデモについて報告していました。このロボットは9台のカメラと超音波センサーを使いますが、LIDAR技術はまだ搭載されていないようです。
Marbleチームは、ミッション地区とポトレロヒル地区でロボットを走らせ、エリアの地図を作成しました。ロボットは、移動のたびに新しく道路情報を収拾し、地図を更新する仕組みになっています。

ロボットは4ケタの暗証コードで開閉

この4月、Marble社は最初のデリバリー・パートナーとして「Yelp Eat24」と提携しました。サンフランシスコにある、DOSA、Truly Mediterranean、Aslam's Rasoi、Alhamraの4つのレストランに対してサービスの提供を開始する予定です。
Harrison氏は、Business Insiderに対して、路上に出るMarble社のロボットの数は、常に変動すると話しています。Yelp Eat24デリバリーサービスに使われるロボットの数は、当初はごく少数に限られるでしょう。
Marble社がサービスを提供しているレストランに、顧客がフードを注文すると、Yelp Eat24から、「ご注文の商品はロボットが配達し、受け渡しは屋外となりますが、よろしいでしょうか? 数分以内にYESかNOでご回答ください」と訪ねるテキストメッセージが送られてきます。
ロボットは、ポトレロヒル地区にあるMarbleの本社を出発し、レストランの前に到着すると、テキストメッセージの通知が送られます。レストランの従業員は4桁のコードでロボットのロックを解除できます。

MarbleとYelp Eat24は平均配送時間についてはノーコメントとしていますが、Marbleチームは将来的には、このロボットが人間の配達と同程度のパフォーマンスを実現すると考えています。
ロボットが顧客のもとに到着すると、ロックを解除してフードを取り出すための4桁のコードが送信されます。フードは断熱袋に入れて保温されています。
Marble社は、ロボットをまだ洗練させている最中です。たとえば、カリフォルニア州レッドウッドシティーにあるDoorDashのフードデリバリーを達成したStarship Technologies社のロボットに比べて、明らかに大きなサイズです。
とはいえ、Marble社のロボットも毎日少しずつ改良されています。最近の試験走行では、飲み物を含んだ注文を配達しました。結果、ロボットにカップホルダーを備える必要があることがわかったそうです。
チームはレーザーカッターを使ってカップホルダーを製作しました。これからは、飲み物をこぼさずに配達することができます。

いたずらや盗難の懸念あり

4月12日、Marble社は、400万ドルのシードラウンドを獲得したことを発表しました。この資金により、ロボット開発を継続し、サンフランシスコ中に配達サービスを拡大することができます。
今のところ、ロボットにはMarble社の社員がつきそって歩いています。車や人が忙しく行き交う街で、自動走行ロボットがどれくらいうまく機能するのかは、まだわかっていないからです。
いたずらや盗難も懸念されます。ハイテク業界で働く人々と、ハイテク産業によって立ち退きを余儀なくされた人々が分離して居住するサンフランシスコでは、自動運転ロボットが抗議者たちの標的になることは、想像に難くありません。
Delaney氏によると、Marble社は、デリバリーを効率化し、レストランにとって低コストで手が届くものにすることで、(人々から職を奪うのではなく)地域経済を活性化することを目指しているそうです。
「私たちは、人々の生産性を高めるシステムを創造している」とDelaney氏。「私は、人間がいなくなる世界を信じてはいない。わたしたち人間が常にシステムの中心にいて、システムをコントロールすることになる」

はつ花のお弁当もロボットに運んでもらいたい。

琥珀


地図はこちら



博多弁当 はつ花
古田ゆかり
  続きを読む


2017年04月23日

琥珀

いつもご贔屓にして下さっているお客様のためにお造りしたお弁当です。琥珀といいます。

琥珀



琥珀 お品書き

平成二十九年四月吉日

2-3 蒸しアワビ
3-3 半熟玉子、イクラの醤油漬けを載せて
1-2 はつ花特製黒毛和牛すき焼き
4-4 鶏の天ぷら柚子胡椒風味
2-4 海老のマヨネーズソース
2-2 鯛の昆布〆筍ご飯
1-3 タラの芽とそら豆の天ぷら
4-3 稲荷寿司
3-1 辛子明太子、紫蘇昆布
3-4 信太巻き、はつ花のクルミ松風
2-5 里芋の田楽 木の芽を載せて
3-5 玉ねぎと生ハムのマリネ
4-1 レモンととうもろこしのポテトサラダ
3-2 出汁巻き玉子、高野豆腐、さくら麩を載せて
2-1 ヒラスの溜まり漬け
1-5 野沢菜ちりめんご飯
4-2 ちらし寿司
1-1 つや姫筍ご飯
4-5 つや姫白ご飯、梅干し
1-4 桜餅

はつ花ホームページにお料理の説明がございます

料理研究家 博多趣味 はつ花 古田ゆかり  


Posted by リリー at 10:55Comments(0)折詰弁当の話料理

2017年04月20日

亜鉛の効果

元素に亜鉛がある。亜鉛は人間の体の中にある、不可欠な元素だそうで、亜鉛の1日の推奨量は成人男子で10mgで、成人女子で8mgです。亜鉛の推奨量は男女とも年齢とともに増加していき、男性は15~17歳でピークの10㎎に達し、女性は12~14でピークの8㎎に達します。その後はしばらくは変化せず、70歳以上になってから男性は9㎎に、女性は7㎎に減少します。

Wilson病治療薬が亜鉛製剤です。亜鉛製剤には酢酸亜鉛、硫酸亜鉛あるいはグルコン酸亜鉛があります。欧米ではすでに認可され使用されています。亜鉛製剤のWilson病に対する作用機構は、腸管からの銅の吸収阻害であると考えられています。亜鉛は腸管粘膜上皮細胞において金属キレート化作用を有する蛋白であるメタロチオネインの産生を誘導します。メタロチオネインは特に銅との親和性が高いため、食事中の銅と優先的に錯体を形成して腸管粘膜細胞内にとどめます。そして、これらの細胞の剥落とともに糞便中に排出されます。その結果、亜鉛製剤は食事中の銅が血液中へ移行するのを阻害します。また、亜鉛は肝細胞中のメタロチオネインの産生も誘導し、肝細胞中に蓄積した銅と結合し無毒化することにより、肝庇護作用を発揮すると考えられています。投与量は、成人では亜鉛として1日75~150mg、小児では1日体重あたり3~5mgを使用します。これを1日3回ないし2回に分け、食前1時間あるいは食後2時間に内服します。食事中の繊維質が亜鉛の吸収を妨げるため、食間空腹時の服用が望ましいと考えられています。
 酢酸亜鉛の副作用として発現頻度が高いものは、胃部不快感や悪心などの消化器症状です。しかし、これらの症状は服薬を継続できる程度のものであることが多いようです。また、臨床検査にては、リパーゼとアミラーゼの上昇が高い頻度でみられますが、その機序は、非臨床試験の結果から亜鉛による膵酵素分泌促進によるものと考えられており、投与を続けていると次第に低下することが報告されています。


亜鉛は頑張っています。

博多弁当 はつ花
古田ゆかり
蟹万両


地図はこちら
  続きを読む


Posted by リリー at 07:57Comments(0)その他医療

2017年04月16日

九州からありがとう

九州から、ありがとうございます。

九州の熊本、大分、またその周辺で、昨年の震災では大きな災害を被りました。しかし、日本政府が音頭を取り、九州復興割で、被災地に多くの観光のお客様が来て下さり、大きな経済的ダメージを受けることなく、ここまでやってきております。

私たちも、熊本の被災地に震災後旅行に行きました。皆様も行ってくださったことと思います。

その被災地から、九州からありがとうと、キャンペーンが出てきています。

皆様もその恩恵を受けに行っていただけましたら、幸いでございます。

博多弁当 はつ花
古田ゆかり
おぼろ月


  

Posted by リリー at 16:28Comments(0)博多観光

2017年04月13日

電気飛行機

Zunum Aeroというスタートアップ企業が電気飛行機旅行を計画している(TechCrunch、FlyTeam、Forbes)。

ズナムエアロにはボーイングとジェットブルー(LCC)系のファンドが出資している。2020年代初頭に実現したいという計画の初期段階では10人乗り、航続距離は700マイル(1100km)程度を目指す。将来(と言っても2030年だが)は50人乗り、1000マイルを目指すようだ。詳細不明だが、ハイブリッドとの表現もある。燃費効率を画期的に改善し、カーボンフットプリントを強く意識した、エコでエコノミーな小型リージョナルプレーンといったコンセプトである。

飛行機にも、ハイブリッドの波が来ていますね。

エレクトリックエアコミューター




博多の高級弁当専門店
博多 はつ花

山笠(1200-1752円)、写真は錦糸山笠(1400円)
  


Posted by リリー at 04:59Comments(0)ビジネスブログ感動もの

2017年04月11日

弊社のお弁当は当日手作り

「一晩寝かせたカレー」食中毒ご注意 ウェルシュ菌増殖のニュースが多く流れるようになりました。

弊社では、お弁当のおかずやご飯を当日につくっています。時間をかけて味をしみこませるため、午前5時ぐらいから、仕込みを始めます。
これにより、美味しいお弁当が出来上がります。ご飯も、じっくりお水を吸わせ、炊き上げた後、蒸らして、60℃からは、急激に温度を下げて、お弁当に詰め、10℃まで下げて、お客様に届けています。

だから、安心・安全です。

おぼろ月
  

Posted by リリー at 17:32Comments(0)料理